2005年 12月 14日

水の面

a0064511_188071.jpg

佐鳴湖公園の中にはサンクンガーデンと名づけられた場所があり、丸い池の中央からあふれ出た水が浅い水路を流れるように造られている。よく晴れた青空の下で、ゆらゆらゆれる池の水面は日の光によって動く模様を描いている。たいへんきれいに見えたので、カメラで撮ったらどんな風に写るかと試してみた。
[PR]

# by osanpophotos2 | 2005-12-14 23:45 | 風景
2005年 12月 13日

空よ雲よ

a0064511_1964370.jpg

とても寒い一日だった。それでも散歩は続けた。絶好のスナップチャンスがあったのに、こちらに向かって来る相手の目の前でカメラを構えるのをためらったため、写真がブレてしまった。何を撮ったかは云うまい。きっとまたチャンスがくるだろうから。今日の写真は昨日のもの。わたしは青い空、白い雲が好きだ。限りない開放感とロマンをくれるから。ゴルフ練習場のネットを通して見たら、また新鮮に感じた。でも自己満足といわれそうな写真かも…と甚だ自信がない。
[PR]

# by osanpophotos2 | 2005-12-13 23:52 | 風景
2005年 12月 12日

お散歩

a0064511_1535854.jpg

町内を散歩中に出会った小さな子供たち。どこかこの近くの託児所か、保育園から散歩に連れ出されたのだろう。パークタウン近くの橋の欄干からしばらく下の段子川を眺めていたようだが、こちらに歩き出したところを見ると、乳母車には何と6人も乗っているのだ。この縮小した画像では子供たちが小さくて表情がよく見えない。もっとアップで撮るべきだったかな。
[PR]

# by osanpophotos2 | 2005-12-12 23:33 | スナップ
2005年 12月 11日

動物に見えるでしょう

a0064511_15311758.jpg

佐鳴湖公園の崖にはいつの間にやらつる性の草が木までもびっしりと覆ってしまった箇所がいくつかある。直径7、8センチ程の赤い花が咲くものは台湾朝顔だと教えてくれた人がいた。冬の低い太陽に照らされて輪郭が浮き上がると、茂みがまるで子馬かなにかの四足動物に見えるところがあった。子供に教えてやれば喜びそうだ。(9日撮影)
[PR]

# by osanpophotos2 | 2005-12-11 23:30 | 風景
2005年 12月 10日

月の写真に挑戦

a0064511_12124483.jpg

「コンパクトデジカメで月の写真に挑戦してみませんか」という浜松市天文台の催しに昨夜参加した。条件はコンパクトデジカメを持参するだけ。わたしには打って付けなのだ。ところがシンプルな薄型デジカメを持参した人たちは大きくきれいに写せたのに、わたしのカメラでは望遠鏡の鏡筒内部が見えて月が小さくしか入らなかったり、ピントが合わなかったりで、残念ながらうまく撮ることができなかった。この写真は、空を大きくカットしたら月が大きくなったので、一日遅れで投稿してみた。但し月は望遠鏡の縁でケラれていて、見た通りの姿ではないようだ。
[PR]

# by osanpophotos2 | 2005-12-10 23:40 | イベント
2005年 12月 09日

黒組と白組

a0064511_15381984.jpg

連日快晴が続くので、少し寒さを我慢して佐鳴湖公園まで散歩した。佐鳴湖ではいつもカワウはこの柵を独占しているのだが、今日は珍しく手前の柵にはコサギばかりがたくさん集まっていた。黒組と白組に分かれているようで面白かった。ところで公園内を散歩するにしても、家から佐鳴湖公園までは車で往復するという人もいるが、こちらは正真正銘家から歩くので、散歩には二時間半~三時間ほどかかる。尤もその間足を止めて写真を撮ったりすることが多いけれど…。
[PR]

# by osanpophotos2 | 2005-12-09 23:37 | 野鳥
2005年 12月 08日

日没前

a0064511_16101179.jpg

外出した帰り道、4時過ぎだというのに早くも夕方の光になってきた。今日の散歩写真はなかったので、夕日でも撮るか。幸いカメラは持っている。日が沈むのはみるみる内と云っていいほど早いので、競争するくらい急がないとダメだ。日没の方角で、できるだけ低く地平線が見える場所を探す。いつも邪魔になるのが電柱と電線だ。高層ビルではないのが都会と違う所。こういう時にスクーターが威力を発揮するのだ。細い道の奥、畑の前に駐車。気がついたら横は墓地だった。
[PR]

# by osanpophotos2 | 2005-12-08 23:38 | 風景
2005年 12月 07日

冬の使者

a0064511_17581320.jpg

佐鳴湖にユリカモメが来るようになった。この鳥が来ると冬が来たことを実感する。ユリカモメは小柄でたいへん柔和な顔をしている所為か、餌を与えにくるファンが何人もいる。餌をまく場所は二箇所ほどあって、人が知らずにその岸に立つだけでも、ユリカモメ達はいつのまにか沖から近くの湖面に移動してきて、さりげないふりをしながら餌をくれるのを待つようだ。まだ飛来したばかりなのにこんなに慣れているとは、もしかしたら去年の鳥達が戻ってきたのだろうか。
[PR]

# by osanpophotos2 | 2005-12-07 23:57 | 野鳥