デジカメとお散歩2

osanpo2.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:野鳥( 16 )


2006年 01月 11日

白鳥再見

a0064511_18495018.jpg

もう一度夕方にでも白鳥を撮影したいと思っていたところ、家人に来客があり、よい機会とばかり家を出た。馬込川の先日の場所にはコハクチョウも見物人も姿がなかったので、一瞬もはや北国に戻ったかと残念に思ったが、土手を散歩してきた人に尋ねてみたらすぐに居場所がわかった。そこから500mほど下流に、7羽だったのが14羽に増えている。先日と同じようにひたすら餌をあさっているだけなので、おもしろい写真が撮れない。この写真は、さしずめ小姓を従えた女王さまか。

More…
[PR]

by osanpophotos2 | 2006-01-11 23:42 | 野鳥
2006年 01月 08日

浜松に飛来した白鳥

a0064511_19324860.jpg

浜松市内を流れる馬込川に数日前からコハクチョウが飛来していると今朝の新聞が報じた。付近の人の話では、一羽なら過去に来たことがあるが、今回のように七羽揃って飛来したのは初めてらしい。この厳寒がもたらしたものだろうか。実物をまだ見たことがないので、場所の見当をつけて早速出掛けた。いきなり目の前の川を泳ぐ姿が目に飛び込んだ。「白鳥の湖」のバレリーナに重なる優雅さを感じた。

More…
[PR]

by osanpophotos2 | 2006-01-08 23:32 | 野鳥
2005年 12月 20日

ひょうたん池の初氷

a0064511_1772116.jpg

昨夜のこの冬一番の寒さで佐鳴湖公園の池も半分ほど凍てついていた。昨年まではこの季節に散歩などしなかったので分からないが、多分めったにないことだろう。でも冬の住人であるコガモ達は見たところ不自由なく、めげることなく水の中を泳いでいる。氷となった水面は陽光に輝き、向岸の風景を映している。またもや日の丸写真であるが、この一枚がよく凍った感じが出ているのでやむなく選んだ。尚、この池には「ひょうたん池」という立派な名前があることが分かった。
[PR]

by osanpophotos2 | 2005-12-20 23:51 | 野鳥
2005年 12月 09日

黒組と白組

a0064511_15381984.jpg

連日快晴が続くので、少し寒さを我慢して佐鳴湖公園まで散歩した。佐鳴湖ではいつもカワウはこの柵を独占しているのだが、今日は珍しく手前の柵にはコサギばかりがたくさん集まっていた。黒組と白組に分かれているようで面白かった。ところで公園内を散歩するにしても、家から佐鳴湖公園までは車で往復するという人もいるが、こちらは正真正銘家から歩くので、散歩には二時間半~三時間ほどかかる。尤もその間足を止めて写真を撮ったりすることが多いけれど…。
[PR]

by osanpophotos2 | 2005-12-09 23:37 | 野鳥
2005年 12月 07日

冬の使者

a0064511_17581320.jpg

佐鳴湖にユリカモメが来るようになった。この鳥が来ると冬が来たことを実感する。ユリカモメは小柄でたいへん柔和な顔をしている所為か、餌を与えにくるファンが何人もいる。餌をまく場所は二箇所ほどあって、人が知らずにその岸に立つだけでも、ユリカモメ達はいつのまにか沖から近くの湖面に移動してきて、さりげないふりをしながら餌をくれるのを待つようだ。まだ飛来したばかりなのにこんなに慣れているとは、もしかしたら去年の鳥達が戻ってきたのだろうか。
[PR]

by osanpophotos2 | 2005-12-07 23:57 | 野鳥
2005年 11月 27日

中田島砂丘のミユビシギ

a0064511_1843111.jpg

中田島砂丘は、季節の所為か、風が穏やかであった。いつもは吹き付ける潮風に景色も霞み、カメラのレンズも汚れることがあるのだが、今日は大丈夫だった。しかし遠州灘の波はいつも通り荒くて海鳴りがする。波打ち際にスズメのような小鳥の群がいた。波が引くとすぐ走って来ては嘴でせわしく砂浜の餌をつつきまわり、波が来ると素早く逃げる。まるで遊んでいるようだ。調べてみると、少し小柄に見えるが、動作からすると冬鳥のミユビシギかも。
[PR]

by osanpophotos2 | 2005-11-27 23:03 | 野鳥