2007年 07月 22日

羽化―断たれた記録

a0064511_2036775.jpg

朝、玄関の壁に羽化の途中のセミがいるのを発見。以前にも公園の草むらで羽化直後のセミを見つけて撮ったことがある。他人の写真を見たことがないので、ひょっとするとラッキーなことかもしれないと思ってすぐにカメラを持ち出し、標準ズームで撮ってみた。 α100 w/SIGMA 17-70mm F2.8-4.5



a0064511_20387100.jpg

見ていると羽化は非常にゆっくりとしか進まない。それならばと三脚をセットし、望遠マクロで記録写真を撮る体勢に。長時間の勝負となりそう。ファインダーを覗きながら微調整をしている最中に、なにか音がしたかと思った瞬間、セミがパッとファインダーから消えてしまった。驚いて顔を上げると、中柄な野鳥が向こう側に飛び去っていくのを一瞬目撃。キジバトかヒヨドリだったと思うが、まさにトンビに揚をさらわれたとはこのことだ。哀れセミの子は一度も羽ばたくことなく、殻を付けたまま鳥のお腹に納まってしまったのか。自然界の厳しさを痛感した朝だった。 α100 w/TAMRON AF70-300mm F4-5.6
[PR]

by osanpophotos2 | 2007-07-22 20:46 | その他


<< 美人田      ハスの花 >>