2006年 07月 13日

昭和の街並

a0064511_2042117.jpg

舘山寺宿泊から帰宅後寝込んでしまった。少し前から風邪ぎみではあったのだが、W杯サッカー観戦のため睡眠時間が不規則だった無理が今になって出たのかもしれない。今日はどうやら回復したので、そのご報告がてらにストック写真から一枚投稿してみる。
浜松の中心街の中通りを歩いていて見かけた二軒の建物。窓の縁には鳩が止まっている。よくもこんな街中にこんな古い家が残っていたかと驚いた。右のコンクリート造りは五十余年前この家の先代が太平洋戦争で焼け野原になった浜松市街で一軒だけ残った松菱百貨店を見て、同じように作らせたという昭和テイストの残る建物だ。生なましさを和らげようとモノクロに変換した。
[PR]

by osanpophotos2 | 2006-07-13 20:43 | スナップ


<< 早朝の佐鳴湖      夜明けの浜名湖 >>