デジカメとお散歩2

osanpo2.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 05日

つるし雛

a0064511_2320341.jpg

女児の初節句に飾られたつるし雛というものを昨日親戚宅で見せてもらった。雛祭りが終わってからではタイミングが悪いが、ちょっと珍しいと思うので、記録用に撮った写真を投稿してみる。調べてみると、つるし雛はつるし飾りともいわれ、ひな壇の脇に吊して節句の飾りをより華やかにするものとある。元々は東伊豆の稲取温泉あたりに江戸時代から伝わった風習で、初節句を迎える初孫のために手作りされたらしい。このような雛飾りは全国的にも珍しいといわれている。吊るされたはぎれの縫いぐるみの一つ一つには子供への願いが込められているのだ。
[PR]

by osanpophotos2 | 2006-03-05 23:35 | その他


<< 板敷川のアマゴ放流      横須賀城跡の梅 >>