2006年 02月 25日

三方原の法要

a0064511_1301679.jpg

まるで春が来たような暖かい一日だった。郊外に出掛けた帰り道に三方原で道端にお年寄りたちが集まり、お坊さんがいるのを目撃した。通称「姫街道」のこの辺りは今も江戸時代の松並木の面影が残っている。いつか撮りたいと思っていたのでよい機会だ。急いで車を降りてスナップを撮らせてもらった。なんのお勤めかと参加者のひとりにそっと尋ねたところ、驚く答えが返ってきた。徳川家康と武田信玄が戦った三方ヶ原合戦のときここで亡くなった方の法要らしい。その合戦は1572年(元亀3)のことである。歴史は生きている。
[PR]

by osanpophotos2 | 2006-02-25 23:58 | スナップ


<< 佐鳴湖の夕暮れ      奥浜名湖のリゾート風景1 >>