2006年 01月 28日

百間滝

a0064511_937087.jpg

奥三河から浜松市に通じる山中の県道の途中に「百間滝」という道しるべを見かけたので訪ねてみた。知らなかったが、日本最長の断層帯、中央構造線が走る深い谷の中にあり、「落石注意」とある険しい小道を降りて滝に出会えた。滝壷にははっきり断層が通っているらしい。季節柄水量は多くなかったが、愛知県内最大級の落差120mという大きな滝であった。日陰に面しているので、岩の表面はところどころ白い氷に覆われ、つららも見られた。また別の季節に来て見たい。
[PR]

by osanpophotos2 | 2006-01-28 23:29 | 風景


<< 遠州の凧      子供とユリカモメ >>