2006年 01月 15日

煮え渕のポットホール

a0064511_18291551.jpg

愛知県北設楽郡東栄町の蔦の渕の少し下流にある観光スポットである。傍らの説明板によると、ポットホールとは河川の浸食地形の一つで、岩盤のくぼみに入った石が水流によって回転し、長い年月の間に穴が拡大したものである。このポットホールは約1億年前に生成された天竜峡花崗岩の岩盤上に大小20数個できたもので、その形成過程を新鮮にとどめているという。激しい水流の中に見える異様に侵食された岩盤をアップで撮ってみた。(県指定天然記念物)
[PR]

by osanpophotos2 | 2006-01-15 18:34 | 風景


<< 灯台の見える風景      舞阪漁港の風景 >>