2005年 12月 21日

里山を守る人たち

a0064511_172276.jpg

佐鳴湖里山楽校というボランティア団体が、佐鳴湖公園に残っている雑木林や湿地をかつての里山として保全しようと活動を続けている。竹林がはびこって木が育たなくなっていたので、竹林を伐採して替りに小鳥を呼ぶ落葉樹を植えつつある。そして伐採した竹は炭に焼き、水の浄化や土壌改良などに活用しているという。以前投稿した案山子の写真の背景にその炭焼き窯が写っている。昨日その左横で伐採した竹を炭焼き用に切っている人がいた。もうひとりは薪割り中だ。
[PR]

by osanpophotos2 | 2005-12-21 23:48 | スナップ


<< 公園のお掃除おばさん      ひょうたん池の初氷 >>