2005年 12月 08日

日没前

a0064511_16101179.jpg

外出した帰り道、4時過ぎだというのに早くも夕方の光になってきた。今日の散歩写真はなかったので、夕日でも撮るか。幸いカメラは持っている。日が沈むのはみるみる内と云っていいほど早いので、競争するくらい急がないとダメだ。日没の方角で、できるだけ低く地平線が見える場所を探す。いつも邪魔になるのが電柱と電線だ。高層ビルではないのが都会と違う所。こういう時にスクーターが威力を発揮するのだ。細い道の奥、畑の前に駐車。気がついたら横は墓地だった。
[PR]

by osanpophotos2 | 2005-12-08 23:38 | 風景


<< 黒組と白組      冬の使者 >>